ホーム > こんな人が向いています > 不動産ソリューション事業部

賃貸マンション・事務所・店舗等の賃貸物件の管理全般や
不動産の売買仲介、土地(資産)活用を手がけます。
また、法人や資産家を対象としたコンサルティングも行っております。
情報収集力と専門知識、そしてお客様の心に響く提案力が求められる仕事です。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • 社交的な性格で不動産業界に興味がある。
  • 甘えん坊の愛されキャラ。
  • 芯はしっかりして場の空気を読むのが得意。
  • 友人から「年上キラーだね」と言われることも。

CROSS TALK

不動産部門/不動産ソリューション事業部

先輩

加藤 斉

2007年入社 
都市環境デザイン学科 卒業

後輩

菅谷 智敬

2018年入社

臨機応変な接客で、
オーナー様やお客様の心を掴む。

まずは2人の仕事内容を
教えてください。
加藤
事業部としての主な仕事は、賃貸物件の管理と中古物件の買い取り、売買仲介です。私は新卒入社の11年目で、部署異動を経てこの事業部の配属になりました。賃貸事業の担当で、菅谷くんとは同じチームの先輩と後輩という間柄です。
菅谷
僕は中途入社で、まだ1年目です。異業種からの転職のため、わからないことばかりです。加藤さんにフォローしていただきながら、日々の業務をこなしています。
加藤
あれ、まだ1年だっけ? 休日以外はほとんど一緒にいるから、もう2~3年ぐらい経っている感じがする(笑)
菅谷
「慣れてきたからって気を抜くなよ」といつも叱られています(笑)。加藤さんは入社時から僕の教育係で、仕事のことはもちろん、社会人としてのマナーなども含めてたくさんのことを教えてもらっています。困ったときは何でも相談できる先輩です。
一緒に仕事をされた中で印象に
残っているエピソードを教えてください。
加藤
最近だと、漏水被害のあった部屋の緊急対応に行ったね。
菅谷
ええ。「階上から水漏れしている部屋がある」とオーナー様から連絡をいただき、2人で駆けつけて汲み取り作業をしました。あの時は大変でしたね。
加藤
「賃貸物件の管理と売買仲介」と聞くと、事務的な手続きをイメージされるかもしれませんが、実際には業務内容は幅広く、現場に赴き対応することも多いです。
菅谷
緊急時のトラブル対応は、1人ではどうにもならないことが多いんです。加藤さんやチームとの連携が必要になりますから、毎日のコミュニケーションはとても大事ですね。
この仕事のやりがいや、
必要とされることを教えてください。
加藤
新たな管理物件獲得のため、新規オーナー様へ飛び込み営業をするのですが、最初の頃はなかなかうまくいかず心が折れそうでした。面と向かって話を聞いていただけるまでに、1年以上かかる場合もありますから。しかし少しずつでも確実にオーナー様が心を開いてくださるのを実感できた瞬間は、本当に嬉しいですね。菅谷くんはまだ単独での飛び込み営業の経験はないよね?
菅谷
そうですね。自分にできるかどうか不安ですが…。僕は先ほどの漏水被害の対応などで、オーナー様やお客様に直接お礼を言われた時にやりがいを感じます。
加藤
この仕事で必要とされるのは、何と言っても臨機応変な対応だと思います。どんな時にも、まずは相手を尊重する。ひたすら自分の話を聞いてほしい方、会話のキャッチボールを大切にする方、プロとしての我々の提案を重視してくださる方など、いろいろな方がいらっしゃいますから、その都度適切な対応ができるように自分の引き出しを豊富に揃えておかないといけないんです。
菅谷
仲介業務には契約成立という明確なゴールがありますが、管理業務では個人の対応力が試されることを、加藤さんに付いて動くことで学びました。今後オーナー様とのお付き合いが増えていく中で、そのことは忘れないようにしたいですね。
最後に、宝グループの魅力と就活生に
向けてのメッセージをお願いします。
加藤
幅広い事業を展開しているので、たくさんのお客様に関わることができる。これが宝グループ一番の魅力だと私は思います。他部署で担当させていただいたお客様と、異動後に別の形でご縁をいただくこともあります。そういう経験はどんな会社でもできるわけではありません。
菅谷
地域密着型でグループ内での異動もありますから、他の企業よりもチャレンジの可能性が多く用意されていると思います。それも大きな魅力ですね。
加藤
そうだね。転勤がないから、1人ひとりのお客様と長くお付き合いしていける。まずは宝グループ全体の取り組みを知ってもらって、興味のある仕事を見つけてもらえたら嬉しいです。
エントリーはこちら