ホーム > こんな人が向いています > ホテル部

稼働率が90%を超える人気ホテルでお客様を接客する仕事です。
チェックイン、チェックアウト、電話応対、宿泊予約の管理等を行います。
お客様の「もっとこうして欲しい」というご要望にも細やかに応えます。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • 健康的で元気いっぱい。
  • 誠実で、清潔感があふれている。
  • 「笑顔がいいね!」とよく言われる。

CROSS TALK

ホテル・レジャー部門/ホテル部

先輩

金田 宏平

2016年入社 
英米語学科 卒業

後輩

木下 沙希

2020年入社 
デザイン学科 卒業

「あなたがいたから良かった!」
と言っていただける、
やりがいのある仕事です。

まずは2人の仕事内容を
教えてください。
金田
名古屋笠寺ホテルのフロントとして、受付業務やチェックイン・チェックアウトなどを担当しています。お客様が快適に過ごせるようご要望にお応えすることはもちろん、設備に不具合があった際の対応、ホテルに隣接する温浴施設「湯〜とぴあ宝」のご案内、最近はインターネット予約サイトの管理も行っています。
木下
私はフロントで夜勤としてアサイン(部屋の振り分け)や清掃部門の方への指示等を担当しています。また、これから日勤に変わるため、その仕事内容も覚え始めたところです。
お互いについて
印象に残っていることはありますか?
金田
私が研修で年末の湯〜とぴあ宝を手伝いに行ったとき、当時湯〜とぴあ宝のアルバイトだった木下さんがテキパキと現場を仕切っていて、社員だと思い込んで「すごいなぁ」と感心していました(笑)。
木下
そうなんですか!?ありがとうございます。そのときはお話する機会がありませんでしたが、私も現場の人を介して「金田さんがしっかり手伝ってくれて助かった」と聞いていました! その後、正社員にならないかと誘っていただいて、ホテルフロントとして金田さんと再会しました。
金田
お話しする前はもっと気の強い人なのかなと思っていましたが、実際はおっとりとした柔らかい雰囲気で全然印象が違いましたね。素直で真面目、努力家な性格や、疲れていてもそれを表に全く出さないところは見習わないといけないなと思っています。長年アルバイトしていただけあって、湯〜とぴあ宝に関する知識量もハンパじゃないですよね!
木下
いえいえ。金田さんも湯〜とぴあ宝に詳しいですし、接客もとても丁寧です。海外のお客様に対応する際、英語でどう言えば良いかなどもよく教えてもらっています。頼りになる、かっこいい先輩です!
金田
木下さんは英語での言い方が分からなくても、「代わりに対応してください」ではなく「これはどう言えばいいですか?」と聞いて自分で対応しようと頑張ってくれるのが嬉しいです。
この仕事の醍醐味ややりがいは
何だと思いますか?
木下
お客様がチェックアウトされるときの笑顔を見ると、快適に過ごしていただけたんだなと嬉しくなります。リピーターの方のお部屋に以前ご要望いただいたものをあらかじめご用意しておき、喜んでいただけたときにもやりがいを感じますね。一人ひとりに心をこめたサービスを心がけています。
金田
私もお客様から「また来たい」と言っていただけるのがとても嬉しいです。ホテルフロントの仕事で大切なのは、いかに小さなことに気付けるかどうか。例えばお客様がホテルに入った瞬間にフロントがサッと反応して笑顔でお迎えする等、基本的なことですがちょっとした対応でお客様が受ける印象は大きく違います。プライベートでよく旅行に行くので、他のホテルの対応を見て、常に自分自身のサービスを振り返るようにしています。
最後に、就活生に向けての
メッセージをお願いします。
金田
笠寺ホテルはレジャーを目的にいらっしゃる方が多いため、親しみやすく感じていただけるようフレンドリーな接客を大切にしています。笑顔に自信がある人、人の目を見て挨拶できる人、何より人を喜ばせることが好きな人は大歓迎です!この先もっとIT化が進んでも、やはり人によるサービスは重要ですから、ぜひ一緒に良い接客を提供していきましょう。
木下
ホテルフロントは正しい言葉使いや立ち振る舞いが必要なので、初めは難しいと感じるかもしれませんが、実際に働いてみればどんどん知識が身についていきます。わからないことは先輩方に聞けばしっかり教えてもらえますし、自分の成長を実感できる仕事だと思います!
※掲載の情報は取材当時のものです。
エントリーはこちら