ホーム > こんな人が向いています > ホテル部

稼働率が90%を超える人気ホテルでお客様を接客する仕事です。
チェックイン、チェックアウト、電話応対、宿泊予約の管理等を行います。
お客様の「もっとこうして欲しい」というご要望にも細やかに応えます。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • 健康的で元気いっぱい。
  • 誠実で、清潔感があふれている。
  • 「笑顔がいいね!」とよく言われる。

CROSS TALK

ホテル・レジャー部門/ホテル部

先輩

野村 光

2013年入社
ホテル系専門学校 卒業

後輩

河島 由佳

2016年入社 
経済学科 卒業

「あなたがいたから良かった!」
と言っていただける、
やりがいのある仕事です。

まずは2人の仕事内容を
教えてください。
野村
宝グループでは「名古屋金山ホテル」「名古屋笠寺ワシントンホテルプラザ」2つのホテルを運営しています。私は両ホテルでの業務を経験し、現在は笠寺ワシントンホテルプラザのフロントをしています。
河島
私は不動産部門から名古屋金山ホテルに異動しました。ちょうど異動した頃に野村さんも金山にいらしたので、フロント業務を教えていただきました。
野村
金山と笠寺、ホテルの立地の違いからお客様の利用シーンや属性などが異なります。それぞれのお客様に応じた対応を瞬時に判断し、快適にお過ごしいただけるように努めるのが仕事ですね。
野村
野村さんは両方のホテルを経験されていますし、笠寺ワシントンホテルプラザにはベテランの先輩方がたくさんいます。トラブルが起きると相談の電話を入れ、アドバイスを仰いでいます。
先輩から見て後輩の
成長ぶりはいかがですか?
野村
ホテルのフロントはキチッとしたイメージがあるのですが、河島さんはふんわりやわらかな雰囲気を持っているので最初は「ついてこれるかな?」という心配がありました。しかし、持ち前の笑顔とやる気で着実に仕事を覚えていき、今では金山ホテルに欠かせない存在となっています。最近は夜勤も担当してるんですよね?
河島
夜勤もやっています! 時間帯によっても仕事内容が変わるため、できることが多くなって嬉しいです。大学時代に結婚式場のアルバイトをしていたので接客は好きでしたが、ホテルははじめての経験だったのでとまどいもありました。野村さんはすごく優しく教えてくださるので、安心して質問や相談をすることができて良かったです。異動した頃はちょうど受験シーズンで、親子で宿泊されたお客様にいろいろ質問されて焦っていたところを野村さんが助けてくれたのをとてもよく覚えています。
野村
あれ? そんなことありましたっけ(笑)
仕事の醍醐味はどんなところに
ありますか?
野村
やはり接客業ですので、お客様に喜んでもらえると「良い接客ができたかな」とモチベーションが上がります。あとはホテルが満室になった時ですかね。
河島
満室になるとその日の業務に携わったすべてのスタッフに「大入り手当」が出るのでテンションが上がりますよね♪ 満室の予約が入っていながら夜になってもなかなか到着されないお客様がいるときはハラハラしますが(笑)。あとは、私もお客様から「ありがとう」の言葉をいただくとやりがいを感じます。適切な接客ができて、チェックアウトの時に「また来ます」と言っていただけるととても嬉しいです。
野村
そうですよね! 「あなたがいたから良かった」と言っていただけるとさらに嬉しいですよね。
最後に、就活生に向けての
メッセージをお願いします。
野村
私は元々ホテル業界に入りたくて専門学校から宝グループに入りましたが、河島さんのように他部門から異動してくる方もいます。ホテルへの異動を希望した方もいれば、人事で適性を見つけてもらえる方もいます。逆に現在ホテルを希望している方も将来は他職種で活躍できる可能性があるのが、宝グループの魅力だと思います。 
河島
私も宝グループの魅力はさまざまな業種・職種の中から自分に合った仕事に出会えることだと思います。私自身、就活では自分を追い詰めてしまい、内定した企業が自分に合っているのかがわからなくなり断ってしまいました。そして、就活を再開して宝グループに決まったのが卒業の前の月。今では宝グループに決めて良かったと感じています。就活で迷っている方もいるかもしれませんが、焦らず自分のペースで納得できる会社を見つけてくださいね。
エントリーはこちら