ホーム > こんな人が向いています > タクシー事業部

宝タクシーのドライバーとして迅速・快適、安全な移動空間を提供する仕事です。
ハイクラスタクシーやジャンボタクシー、貸切バス、ハイヤーなど生活や
ビジネスシーンに合わせた車でお客様のもとへ駆けつけます。
2013年に宝交通の将来を担う幹部候補の育成を目的とした「若手ウェルカムプロジェクト」を新設。
若手採用と育成に真剣に取り組んでいます。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • 名古屋が好きで、クルマの運転も好き。
  • ITを活用した次世代タクシーに興味がある。
  • タクシー乗務だけでなく幅広いスキルや知識を身に付けたい。

CROSS TALK

自動車部門/タクシー事業部

先輩

村上 逸彌

2013年入社 
情報システム学科 卒業

後輩

奥田 俊之

2017年入社 
経済学科 卒業

「若手ウェルカムプロジェクト」で
タクシー業界に新風を巻き起こす。

「若手ウェルカムプロジェクト」
について教えてください。
村上
タクシー事業部ですので主な仕事はタクシー乗務になるのですが、入社後の3年間は「若手ウェルカムプロジェクト」の一員となります。位置付けとしては、宝交通の将来を担う幹部候補の育成を目的としたプロジェクトになります。
奥田
「若手ウェルカムプロジェクト」の活動は月に2回ほど。主な活動として、宝交通が手がける観光タクシーサービスの新コース企画などを行っています。僕は次のステップで、プランニングした新コースを周るプレゼンテーションを行う予定です。
村上
私は第1期生としてプロジェクトに参加。すでに卒業しているのですが、この夏からOB枠で後輩のフォローやアドバイスを行っています。先日のミーティングでは奥田くんとチームメンバーが意見交換でヒートアップしている姿を見て、熱意を感じました。
村上さんと奥田さん、お互いにとって
どのような存在ですか?
奥田
僕は体型が似ていることから「村上二世」とよく言われるのですが、村上さんは見た目も含めて大きな存在ですね(笑)。以前に夜勤でタクシーに乗車されていたのですが、その頃の売り上げがとてつもなく、若手の間では伝説になっているほどです。「どうやったらこの人に追いつけるんだろう?」とずっと考えています。
村上
現在は運行管理者の仕事が7割ほどを占めているためタクシーに乗るのは月に5日ほどですが、あの頃は時間をめいっぱい使って頑張っていました。夜勤では月に100万円を売り上げるのがひとつの目標になるのですが、相当に高い壁のため私が若手の頃は達成できるのは自分一人だけでした。しかし、現在は若手で何人かが超えてきており、刺激をもらっています。最近の売上推移を見ていると、奥田くんも確実に超えてくると思っています。
奥田
プライベートの面では、村上さんとは食べ物の話で盛り上がれるので超楽しいです(笑)。
村上
とにかく食べ物の話ばっかりするよね(笑)。奥田くんとは初対面で意気投合したんです。今は勤務地が離れているのでなかなか行く機会がないけれど、また一緒にご飯行きたいね!
仕事のやりがいを教えてください。
奥田
僕が醍醐味を感じているのは、自分の努力がそのまま売り上げとして、目に見える数字となって出てくることです。高い売り上げを達成できた時には大きなやりがいを感じます。
村上
それは間違いないね! 自分の工夫がめちゃめちゃ仕事に活きるのがタクシー乗務の醍醐味。いかにたくさんのお客様にご乗車いただけるかが大切で、工夫を重ねています。
奥田
若手ウェルカムの集まりで他のメンバーが村上さんのノウハウを聞いているとき、僕はその話を傍で聞いて吸収しています。あと、タクシー乗務をしていて嬉しいのはチップをいただいた時ですね。先日、支払いの後に1万円のチップをいただいてびっくりしました。
村上
チップは良い接客への対価だから、きっと最高の接客ができたんだね! あとは長距離のお客様に出会った時も「よしっ!」と感じます。今までで最も遠いのは、静岡や高山まで。はじめての道を間違えないようにするのに気を遣うけれど、行ったことのない場所までタクシーで行けることに喜びも感じます。
最後に、就活生に向けての
メッセージをお願いします。
奥田
当社のタクシー事業部は若手社員が多いのが大きな魅力。ドライバーの年齢差もありますが、とても和気あいあいとした雰囲気だと思います。サークル活動などを通じて他事務所の社員とも仲良くなれる、とても良い環境ですよ!
村上
「若手ウェルカムプロジェクト」は、業界にまで新しい風を吹き込んでいます。全国のタクシー業界の会合に出席すると、どこも若手がいないことに悩んでいる様子。当社のように20代の社員が30〜40名もいるのは非常にレアケースです。若手が多いだけでなく、若手の意見も積極的に取り入れてくれる社風なので、興味をもった方はぜひ一緒に働きましょう!
エントリーはこちら