ホーム > こんな人が向いています > 保険事業部

法人・個人を問わず保険のコンサルティング営業を行います。
幅広いニーズを的確に捉え、常にお客様の立場に立ったサービスを提供する仕事です。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • 法人営業に興味がある。
  • 志が高く、誠実。
  • 清潔感がある。
  • いざという時に男気を発揮する。

CROSS TALK CROSS TALK

保険部門/保険事業部

先輩

近藤 良紀

2005年入社 
経営学科 卒業

後輩

小野間 彩絵

2018年入社 
健康スポーツ科 学科 卒業

宝の保険営業は個人事業と違い、
仲間に頼ることができる環境です。

まずは2人の仕事内容を
教えてください。
近藤
保険事業部では、マンションの管理組合・購入者に対しての火災保険の提案をはじめ、損害保険や生命保険の営業を行っています。その中で、私は主に損害保険を担当しています。
小野間
私は生命保険を担当しています。保険事業部がフランチャイズで運営する『保険クリニック上小田井店』にご来店いただいたお客様への提案や、近藤さんなど他の社員から依頼を受けた生命保険の設計をするのが主な仕事です。
近藤
小野間さんは中途採用で生命保険の知識もすでに持っていたし、コツコツと真面目にやってくれるのでとても依頼がしやすいです!
小野間
信頼いただいているようでよかったです!入社して1年も経っていないのでまだまだわからない部分も多いですが、私にとっても近藤さんは相談しやすい先輩です。そういえば、自宅のベランダに蜂の巣ができた時も近藤さんが駆除してくれました(笑)。
近藤
そんなこともあったね(笑)
仕事の醍醐味ややりがいは
どんなところにありますか?
近藤
私はやはりお客様から感謝された時にやりがいを感じますね。損害保険なので、事故の処理がスムーズにできてお客様の思いに答えられた時の喜びはひとしおです。
小野間
生命保険もお客様が今までの保険に何かしらの不満を抱かれていることが多いので、私の提案したプランに対して「いい保険を紹介してくれてありがとう!」と喜んでいただけることが一番嬉しいですね。
近藤
目標があって、そこをめざしていくのが営業の仕事なので、契約まで思い通りに進むと達成感があるよね。また、契約に至らなかったときも「次こそは必ず!」と感じます。
小野間
保険事業部は個人事業主の保険屋さんとは違ってまわりに頼ることができるのも安心につながっています。先輩方に提案の練習につきあっていただくこともあって、その練習が契約に結びつくと嬉しくなります。
職場の雰囲気と宝グループの
魅力を教えてください。
近藤
保険事業部はとにかく個性的なメンバーが揃っていて、自己主張は強いけど最終的にはそれぞれを立てることができる絶妙な感じ。雑談をすることも比較的多く、和やかな雰囲気ですね。
小野間
みなさん営業だけど性格も服装もバラバラですよね(笑)。キャラが立っていて、ムードメーカー的な先輩もいるのでとても明るい雰囲気です。体育会系でもなく文化系でもなく…その中間のような感じです。
近藤
宝グループの魅力は、グループ間での交流が盛んなことだと思います。保険事業部は他事業所と連携して仕事を進めることも多いのですが、皆さん協力的でとてもやりやすいです。また、サークル活動も活発で私は「釣り」「ゴルフ」「スノーボード」3つのサークルに所属しています。
小野間
私は社歴が浅いのでまだサークルには入っていませんが、フットサルに興味があります!
最後に、就活生に向けての
メッセージをお願いします。
小野間
就職活動も仕事も、やればやっただけの“何か”が返ってきます。だから、苦しくてもあきらめずにいろいろとチャレンジしてほしいと思います。そして当社は、頑張っている人には必ず周りがサポートしてくれる会社です。きちんと取り組む人は見放さない会社なので、安心して入社してください。
近藤
小野間さんが言うように頑張る人を見放さず、のびのびと仕事に取り組める環境が当社のいいところだと思っています。また、研修制度も充実し、興味のある外部セミナーにも比較的自由に参加することができます。チャレンジ精神や学びへの意志がある人にとって、とてもいい会社ですよ!
エントリーはこちら