ホーム > こんな人が向いています > 湯〜とぴあ宝

健康づくりにつながるアミューズメント施設として、
世代を問わないリラクゼーションを提供している「湯~とぴあ宝」でお客様を接客する仕事です。
受付応対、電話応対、館内案内、宴会予約・受付等を行います。

求める人財イメージ例 求める人財イメージ例
  • どんな時でも明るく素直。
  • 頭の回転が速い。
  • なぜかおじいちゃん、おばあちゃんからモテまくる。

CROSS TALK

ホテル・レジャー部門/湯〜とぴあ宝

先輩

尾木 聡太

2014年入社 
インテリアデザイン学科 卒業

後輩

森 亜矢加

2017年入社 
経済学科 卒業

家族3世代が楽しめるスパリゾート。
笑顔あふれる接客で
お客様をもてなします。

まずは2人の仕事内容を
教えてください。
名古屋スパリゾート「湯〜とぴあ宝」のフロントとして、接客や宴会予約などの仕事をしています。
尾木
私は森さんを含むフロントスタッフの統括やイベントの業務を行っています。私がフロントに立つことはほとんどなく、森さんたちが最前線で頑張ってくれています。
尾木さんは歳もそれほど離れていないので、相談しやすくとても頼りになる先輩です。自分で解決できない問題やトラブルがあると尾木さんにフォローしていただいています。
尾木
森さんは、仕事中はしっかりと業務に取り組み、仕事終わりには冗談も言い合えるかわいい後輩です。
尾木さんから見て
森さんの成長ぶりはいかがですか?
尾木
「湯〜とぴあ宝」の接客はお客様との距離感がとても近いため、初めはとまどいもあったと思います。しかし、覚えるべき事はしっかりクリアして、アルバイト・パートのスタッフや後輩を引っ張る「お姉さん的存在」に成長していますね。嫌なことがあっても明るく接し、報告・連絡・相談もしっかりできています。
そんなふうに思っていただいていて、すごく嬉しいです! でも、自分では全然できない仕事もまだあって、尾木さんに頼ってばかりです。
尾木
イレギュラーなトラブルなど判断が難しい場面もあるし、経験が必要だよね。先輩としては、相談に来ると「わかろうとしてるんだな」って嬉しくなります。
そういえば、入社後半年間は私の業務日誌に尾木さんが目を通して、毎日コメントしてくれていました。良い部分をしっかりと伝えてもらえたので嬉しかったです!
仕事の醍醐味ややりがいは
どんなところにありますか?
私はお客様から感謝の言葉をいただけた時にやりがいを感じます。
尾木
常連のお客様や、家族3世代でご利用いただくお客様が多いのが「湯〜とぴあ宝」の特長だと思います。
お客様から感謝の言葉をいただけるのは、私にとっても大きなやりがいです。以前は「ありがとう!」の言葉が一番嬉しかったけど、今は「また来るね!」と再訪につながる言葉をかけていただくのが一番嬉しいです。
グループ企業なので他の職種にチャレンジできるチャンスがある点もいいなと感じています。将来は不動産部門や採用の仕事などに挑戦してみたいです。
尾木
他へのチャレンジって意味では、「湯〜とぴあ宝」の中ででもさまざまな業務があるよね。私はフロント以外にも飲食の経験を積むことができました。それを踏まえたうえで、他部門への異動より「湯〜とぴあ宝」の仕事を突き詰めていきたいと考えています。
最後に、就活生に向けての
メッセージをお願いします。
私は入社した時に「スタッフの仲がこんなにいいんだ!」と感動しました。上司や先輩も気さくに話してくれて思ったことも言いやすい環境があります。
私は運良く当社に縁があったので良かったのですが、自分の就活の反省を踏まえると、出来るだけたくさんの企業にチャレンジして欲しいです。企業研究や面接は就活のときにしかできない経験なので、この機会に視野を広ていってください。
尾木
私自身はアルバイトから入ったので就活は行っていませんし、立派な学歴があるわけではありません。しかし、スポーツで培った根性と、グループ内の仲間の支えもあり、キャリアアップできました。社会人になったら、学歴や学生時代の成果などは関係なく、また1からのスタートになりますが、宝グループは実力に応じてそれぞれの職種でトップをめざせますし、自分の頑張りに応えてくれる会社です!
エントリーはこちら